弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

遺産分割訴訟

110713_0150042.png  
遺産の範囲をめぐって相続人の間で紛争になることがあります。そのようになった場合、遺産の範囲を巡る紛争の解決のために、遺産分割調停・審判手続き を用いるか、それとも訴訟手続きを用いるかの選択をすることになります。 産分割調停・審判手続きは前提となる遺産の範囲の確定に関して当事者の合意を得ることが困難である場合には合理的な解決が期待できないので、そのような場合には訴訟手続きをした方が有効です。

遺産分割訴訟において遺産の範囲を確定する場合の、特定の財産について

①所有権確認訴訟(当該財産が自己の固有の財産であることを主張する訴訟)
②共有持分権確認訴訟(当該財産が自己の共有権に服する財産であることを主張する訴訟)

という二つの種類の訴訟によって、共同相続人の一部の間で個別に争うことができます。訴訟提起が見込まれる場合には、調停(審判)の申立てをしていても、調停(審判)の取下げを促され、訴訟の決着がついたときに改めて遺産分割調停(審判)の申立てをすることになるのですが、それならば最初から訴訟をすべきなので、方針の選択については慎重に行う必要があります。

遺産分割問題に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

遺産分割協議書と調停     遺産分割協議書の作成 遺産分割訴訟     
遺産分割の調停・審判    

相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用