弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

遺産分割の調停・審判 

110713_0310029.png  
当事者同士で話し合いをしても、遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。遺産分割の調停は、相続人の一人あるいは何人かが、残る全員を相手方として申し立てます。
調停手続きは、分かりやすく言うと調停委員という第三者が2名、当事者の話し合いの仲介に入ってくれる手続きです。
当事者の出頭が原則として必要ですが、当事者は待合室も別々で、それぞれの主張も別々に聞いてもらえます。

解決までにかかる期間

月に1回、2時間程度開かれ、1回目はそれぞれの主張をし、2回目以降で、相続人の範囲や遺産の範囲などを確定して、争点を明確にし、双方歩み寄りができるか調整していくことになります。調停を申し立てて、解決までに1年程度かかることも珍しくありません。 

ただ、調停も基本的には交渉なので、双方とも法律的に有効な主張をせず、感情論をぶつけ合うならば、声の大きな人の方に有利に働いてしまう可能性は否定できません。しかし、法律的に正しいことについては、それを説得的に説明すれば多くの事件で相手方や調停委員の理解を得て合理的な解決を得られるものです。

弁護士に委任するメリット

調停申立てにあたって弁護士に委任するメリットは大きいと言えましょう。 調停においても当事者で合意することができなかった場合には、調停不成立となり、当然に審判に移行します。 審判においては、訴訟手続きに近い形で手続きが進行し、必要に応じて証人尋問なども行われます。 最終的には、家事審判官(裁判官)がさまざまな事情を考慮して、遺産分割の審判をします。

遺産分割問題に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

遺産分割協議書と調停     遺産分割協議書の作成 遺産分割訴訟     
遺産分割の調停・審判    

相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用