弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

企業のための相続税対策

110713_0270033.png

相続税は企業オーナーやその一族にかかるもので、法人である企業が全く関係ないかというとそうではありません。相続が発生し、自社株が各相続人に分割して取得されると、経営権分散のリスクがありますし 、会社オーナーである被相続人の相続財産のうちで自社株式の評価額が大半を占める場合には、高額な相続税を課せられた上で、納税資金がないという問題生じます。
ですが、この場合にオーナーが会社から資金を調達したり、さらには、銀行から借入れや事業資産の売却を通じて資金調達するとき、会社の事業継続の危機ともなりかねません。そこで、企業サイドでも相続税および贈与税の納税猶予制度、相続時清算課税制度、生前贈与又は生前における譲渡などを検討し、事前に対策を講じる必要があります。

相続税対策に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

個人事業主のための相続税対策     自社株式の評価 小規模企業共済の活用
企業のための相続税対策    

相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用