弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内
  • HOME
  • 弁護士コラム
  • 「遺言を撤回する遺言をさらに別の遺言をもって撤回した場合は?」2013年10月度弁護士コラム

「遺言を撤回する遺言をさらに別の遺言をもって撤回した場合は?」2013年10月度弁護士コラム

弁護士の松本です。
今月も相変わらず、法律相談や事件処理に明け暮れておりました。
 
先日、2,3年前に事件処理をした依頼者の方から別件の相談を受けました。
その後どうしたのだろうと思っておりましたが、お会いした際いろいろ情報交換し、特に問題なく過ごしておられたと分かり、喜ばしく思っております。とはいえ、また相談に来られたということはまた困った事態になっているわけで、今度もお役に立てるよう頑張りたいと思います。

さて、相続の小ネタです。
遺言を撤回する遺言をさらに別の遺言をもって撤回した場合、原則として一番最初の遺言が復活することはありません(民法1025条)。
 
ただし、最初の遺言を復活させる意思が明確な場合は、当初の遺言が復活することがあります(最一小判平成9年11月13日)。当初の遺言を復活させることを希望する場合、一番最後の遺言の中で、その有効であることを確認する条項を入れる等工夫が必要です。

| リストヘ戻る |

 

●過去5件コラム

  1. 「ひとたび遺産分割協議が成立した後、協議で定めた内容が実行されない場合、債務不履行による解除が認められるか?」2013年9月度弁護士コラム
  2. 「相続人不明の場合の処理は?」2013年8月度弁護士コラム
  3. 「相続放棄と代襲相続の関係について」2013年7月度弁護士コラム
  4. 「相続の"寄与分"について」2013年6月度弁護士コラム
  5. 「死亡保険金請求権や死亡保険金は特別受益か?」2013年5月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用