弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内
  • HOME
  • 弁護士コラム
  • 「相続により相続人の共有になっている財産の分割方法は?」2014年2月度弁護士コラム

「相続により相続人の共有になっている財産の分割方法は?」2014年2月度弁護士コラム

弁護士の松本です。法科大学院の後期試験の採点をしたりしています。

やはり前回のテストから半年もすると、実力が伸びた人、あまり伸びてない人、今後が心配な人などいろいろいて感慨深いです。出題意図を完璧にとらえた答案は残念ながらないようでしたが、多くの答案はそれぞれに創意工夫をこらして答案が作られており、採点し甲斐があります。

 

さて、相続の小ネタですが、相続により相続人の共有になっている財産の分割方法が問題となることがありますが、遺産分割協議による合意又は家庭裁判所による審判を経る必要があり、共有物分割訴訟が許されるものではない、と考えられています。


| リストヘ戻る |

 

●過去5件コラム

  1. 「相続に際して固定資産税などの遺産管理費用の精算について」2014年1月度弁護士コラム
  2. 「被相続人の貸金庫の取扱いについて」2013年12月度弁護士コラム
  3. 「遺産の中に投資信託が含まれる場合は?」2013年11月度弁護士コラム
  4. 「遺言を撤回する遺言をさらに別の遺言をもって撤回した場合は?」2013年10月度弁護士コラム
  5. 「ひとたび遺産分割協議が成立した後、協議で定めた内容が実行されない場合、債務不履行による解除が認められるか?」2013年9月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用