弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

「電話会議システム」2015年3月度弁護士コラム

弁護士の松本です。今月中旬人間ドックに行ってきました。よく再検査になってしまうのですが,今年は数値が健康に近づいてきました。よかった,よかったと喜んでおります。また,今月は2年近く続いた訴訟が当方有利な内容で和解により終結して肩の荷が下りました。民事訴訟法改正後,訴訟進行はかなり早くなりましたが,たまには長く続く事件もあるわけで,そうした事件は神経を使いますね。

弁護士の松本です。今月中旬人間ドックに行ってきました。よく再検査になってしまうのですが,今年は数値が健康に近づいてきました。よかった,よかったと喜んでおります。また,今月は2年近く続いた訴訟が当方有利な内容で和解により終結して肩の荷が下りました。民事訴訟法改正後,訴訟進行はかなり早くなりましたが,たまには長く続く事件もあるわけで,そうした事件は神経を使いますね。

さて,相続の豆知識です。あまり知られていないことですが,家事事件手続法により,現行の調停手続は,いわゆる電話会議システムが使えます(家事事件手続法258条1項,54条1項)。要するに遠隔地の裁判所で調停がある場合でも電話で済ませることができるので大変便利なのですが,この仕組みは電話の相手方が当事者本人なのかどうか,また,非公開の手続をどのように担保するかについては問題もあるので,実際の運用では弁護士が手続代理人となっている場合の利用が多くなっています。

ご参考になれば幸いです。

| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「特別受益について」2015年2月度弁護士コラム
  2. 「相続時の基礎控除の範囲について」2015年1月度弁護士コラム
  3. 「遺留分減殺請求の対象となる贈与者の取得時効」2014年12月度弁護士コラム
  4. 「遺産分割事件の取扱い」2014年11月度弁護士コラム
  5. 「審判の取下げについて」2014年10月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用