弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

「即時抗告」2015年4月度弁護士コラム

弁護士の松本です。4月は新学期のシーズンで,フレッシュな新入社員の方や学生さんと一緒に通勤したりしています。昨年も忙しかったですが,今年も忙しくお花見はいけそうもありません。遺産分割調停は民事訴訟と違って,期日に調停員が当事者相互に意見を聞くので,長い場合は3時間くらい待合室に待っていたりするのですが,その間の時間の有効活用が最近のテーマです。別の事件処理をしたり,依頼者とコミュニケーションをとったりしています。

弁護士の松本です。4月は新学期のシーズンで,フレッシュな新入社員の方や学生さんと一緒に通勤したりしています。昨年も忙しかったですが,今年も忙しくお花見はいけそうもありません。遺産分割調停は民事訴訟と違って,期日に調停員が当事者相互に意見を聞くので,長い場合は3時間くらい待合室に待っていたりするのですが,その間の時間の有効活用が最近のテーマです。別の事件処理をしたり,依頼者とコミュニケーションをとったりしています。

さて,相続の豆知識です。遺産分割調停を家庭裁判所に申し立てると,話し合いにより合意に達すれば調停成立となりますが,調停が成立しない場合は,調停の申立ての時に遺産分割の審判の申立てがあったものとみなされて審判手続に移行し,審判により遺産分割がなされます。審判は家庭裁判所の判断であり,これに納得できない当事者は,審判をした家庭裁判所を管轄する高等裁判所に即時抗告で争うことができますが,即時抗告は審判の告知を受けた日から2週間なので,遅れないように注意が必要です。

ご参考になれば幸いです。

| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「電話会議システム」2015年3月度弁護士コラム
  2. 「特別受益について」2015年2月度弁護士コラム
  3. 「相続時の基礎控除の範囲について」2015年1月度弁護士コラム
  4. 「遺留分減殺請求の対象となる贈与者の取得時効」2014年12月度弁護士コラム
  5. 「遺産分割事件の取扱い」2014年11月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用