弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

「内縁の夫婦の一方の死亡」2016年1月度弁護士コラム

弁護士の松本です。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。新年から事務所の組織に変更があっため、当職の事務所内のスペースも移転となりました。従前のところより広くなったので、大変仕事しやすいですが、移転のための本の整理やゴミなどの処理が大変です。少しづつ暇を見つけてやっていこうと思います。今月は受任した事件のうち5件終結しましたので、忙しさもようやくひと段落ついてきてほっとしました。

弁護士の松本です。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。新年から事務所の組織に変更があっため、当職の事務所内のスペースも移転となりました。従前のところより広くなったので、大変仕事しやすいですが、移転のための本の整理やゴミなどの処理が大変です。少しづつ暇を見つけてやっていこうと思います。今月は受任した事件のうち5件終結しましたので、忙しさもようやくひと段落ついてきてほっとしました。

さて、相続の小ネタですが、内縁の夫婦の一方の死亡についてです。普段の相談ではそれほど多い事例ではありませんが、何らかの理由から法律上結婚していない夫婦、すなわち内縁関係にある夫婦のうち、一方が亡くなった場合、残された方は法律上の夫婦ではないので、遺産は相続できません。となると、従前住んでいた住居(内縁の夫婦で共有)の居住はどうなるのかという問題がありますが、判例は、この問題については、一方が亡くなった場合は単独で使用する旨の合意が成立したものと推認するのが相当としました。

ご参考になれば幸いです。

| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「遺贈の放棄について②」2015年12月度弁護士コラム
  2. 「遺贈の放棄について①」2015年11月度弁護士コラム
  3. 「旧郵便局の定額郵便貯金について」2015年10月度弁護士コラム
  4. 「少額の贈与が多数回継続する場合の評価」2015年9月度弁護士コラム
  5. 「不動産の代償分割の方法は?」2015年8月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用