弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

「配偶者の相続分について」2016年4月度弁護士コラム

弁護士の松本です。4月になりまして大分暖かくなりましたが、仕事の方は大変好調で毎日忙しく法廷と事務所の間を行き来しております。今月は特に相続相談が多く、多くの打ち合わせをさせていただきましたが、皆様それぞれお困りの点があり、可能な限りそれを解決できるよう頑張りたいと思います。また、今月はスーツのオーダーに行ってきました。スーツは戦闘服と同じだと著名な弁護士も言っていたので、かなり背伸びをしてNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演されていた鈴木健次郎さんにお願いしてきました。どんなスーツができるか今から楽しみです。

弁護士の松本です。4月になりまして大分暖かくなりましたが、仕事の方は大変好調で毎日忙しく法廷と事務所の間を行き来しております。今月は特に相続相談が多く、多くの打ち合わせをさせていただきましたが、皆様それぞれお困りの点があり、可能な限りそれを解決できるよう頑張りたいと思います。また、今月はスーツのオーダーに行ってきました。スーツは戦闘服と同じだと著名な弁護士も言っていたので、かなり背伸びをしてNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演されていた鈴木健次郎さんにお願いしてきました。どんなスーツができるか今から楽しみです。

さて、相続の小ネタですが、配偶者の相続分についてです。現行法では配偶者の法定相続分は2分の1と規定されていますが、今検討されている相続法改正ではこれを増やす方向で検討されています。増やす方法については何通りか検討されていますが、いずれにせよ、配偶者の老後の生活保障に厚い改正と言えそうです。

ご参考になれば幸いです。

| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「長期居住権について」2016年3月度弁護士コラム
  2. 「自庁処理について」2016年2月度弁護士コラム
  3. 「内縁の夫婦の一方の死亡」2016年1月度弁護士コラム
  4. 「遺贈の放棄について②」2015年12月度弁護士コラム
  5. 「遺贈の放棄について①」2015年11月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用