弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

「仮払い制度等の創設・要件明確化」2017年9月度弁護士コラム

弁護士の松本賢人です。今月も多くのご相談、ご依頼をいただきありがとうございます。
今月は、裁判や調停期日が多く、かなり忙しい日々を過ごしています。今月は大腸の精密検査で、いつも診察していただいている先生に診てもらいました。幸い異常なしということですが、この検査は下剤を飲んで胃をからっぽにしたりする検査のための準備が大変で、早くも2年後の検査が憂鬱な気分です。

弁護士の松本賢人です。今月も多くのご相談、ご依頼をいただきありがとうございます。
 今月は、裁判や調停期日が多く、かなり忙しい日々を過ごしています。今月は大腸の精密検査で、いつも診察していただいている先生に診てもらいました。幸い異常なしということですが、この検査は下剤を飲んで胃をからっぽにしたりする検査のための準備が大変で、早くも2年後の検査が憂鬱な気分です。


 さて、相続問題の小ネタです。追加試案により預貯金の仮分割の仮処分について、裁判所が必要性を認めた場合には、遺産に属する特定の預貯金債権の全部又は一部を仮に取得させることができるようになりました。これは平成28年12月19日最高裁決定により、預金債権が遺産分割の対象となるとの実務を前提にすると必要な制度であり、整備した形で盛り込まれることが期待されます。


ご参考になれば幸いです。




| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「配偶者保護のための制度」2017年8月度弁護士コラム
  2. 「遺言執行者の復任権等」2017年7月度弁護士コラム
  3. 「遺言執行者の通知」2017年6月度弁護士コラム
  4. 「相続人の法的地位の明確化」2017年5月度弁護士コラム
  5. 「自筆証書遺言の保管制度」2017年4月度弁護士コラム
相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用