弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内
  • HOME
  • 相続問題Q&A集
  • (相続放棄)全く連絡を取っていなかった父が残した借金を支払わなければならないのでしょうか?

全く連絡を取っていなかった父が残した借金を支払わなければならないのでしょうか?

 

【ご質問】

幼少の頃に両親が離婚し、私は母親に育てられました。以来、父とはまったく連絡を取っていなかったのですが、このたび親戚から父親が亡くなったことを聞かされました。

しばらくすると父親の債権者を名乗る人から、父が残した借金を支払うようにと督促状が届きました。

このような場合、私は父が残した借金を支払わなければならないのでしょうか?


【回答】

結論的には支払わなくて良い方向で処理することが可能です。

まず、日本の民法では、プラスの財産(不動産とか株式等)もマイナスの財産(債務)も両方相続します、という建前になっているのです。

 

但し、例外として相続放棄という制度がございます。相続放棄というのは、要するに「相続はしませんよ」と相続人のほうでお断りすることです。相続放棄を使った場合には、プラスの財産もマイナスの財産も両方相続しないよ、ということになります。


今回のケースのように、お父さんが借金ばかり大きくて、資産やプラスの財産はほとんどない時には、わざわざ相続するメリットはないですよね。そこで、相続放棄の制度を使えば、このケースでお困りになっている相続人は助かるということになります。

 

問題は、相続放棄には熟慮期間の規定がございまして、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から、3カ月以内に相続放棄をしなければいけないという仕組みになっております。そのため、借金が発覚したのが親戚からお父様の死亡を聞いてから3カ月を過ぎてからにだったとすると、実際には相続放棄ができないのではないだろうか、という疑問が生じるわけです。


この点については、実際に気の毒な事例も多くございます。

そこで、裁判例などでは、相続放棄をしなかったのが、相続財産がないと信じきっていて、かつ、被相続人の方(つまりお亡くなりになった方)の生活歴や被相続人と相続人の交遊状態その他初版の事情からみて、その方の相続財産を調べることが非常に困難な事情があり、かつ相続財産がないということを信じるのに相当な理由があるというような特段の事情があるケースにつきましては、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識したとき、又は通常これを認識しうべきときから起算しましょう、つまり、熟慮期間を繰り下げて考えましょうという形で実務が動いています。

 

ですから、3カ月を実際には過ぎてしまったというケースでも、熟慮期間の繰り下げで救われるケースもありますので、こういったケースでお困りのかたは、ぜひ弁護士に相談されて、相続放棄ができるかどうか、ご検討なさってください。

 

 

典型的な相続問題を弁護士 松本が解説!(無料動画配信)

その他の動画はこちらからご覧ください。

事例1 父の遺産を明らかにせず、いっこうに財産を分けてくれない兄と公平に相続するには?

事例2 全く連絡を取っていなかった父が残した借金を支払わなければならないのでしょうか?

事例3 亡くなった父が所有をしていた不動産をどのように評価し、分割をするか?

事例4 全財産を相続させるという旨の父の遺言は無効になってしまうのでしょうか?

事例5 遺産分割後に父の愛人が権利を主張してきた。協議をやり直さなければならないのか?

事例6 相続人が未成年の場合、どのように遺産分割をすれば良いのでしょうか?

事例7 「遺産のすべてを後妻に相続をさせる」と書かれた遺言書は有効か?

事例8 遺産分割協議がいっこうにまとまらない場合、どのようにして遺産を分割するか?

事例9 不利な条件の遺産分割について、相手が弁護士を立ててきた場合、どうすれば良いか?

事例10 勤めていた会社を辞めて母の看病をしてきた場合、遺産の相続分には考慮されるか?

事例11 会社経営者である内縁の夫の遺産を、先妻の息子とどのように遺産分けすれば良いか?

事例12 遺言書を偽造した弟に、同等の遺産を相続させなければならないのか?

事例13 遺産分割協議が成立した後に隠されていた預貯金が見つかった場合、どうするか?

事例14 協議の段階で出ていなかった骨董の遺産について、後から権利を主張できるか?

事例15 喧嘩をして出て行った弟の所有する株式を譲り受けるための交渉方法はないか?

事例16 内縁の夫の不動産や預貯金などの遺産を相続することはできるか?

事例17 両親の遺産を巡る兄弟間での相続について、弁護士をつけるメリットはあるか?

事例18 兄弟の一人が認知症で話し合いができない場合、どう対応すればよいか

事例19 主人が死亡。遺言なし。遺産相続人である姉への対応は?

事例20 遺産分割協議終了後に遺言書が発見された場合は?

事例21 預貯金分割によるトラブル。遺産分割調停を申立てられた場合は?

事例22 遺産が売却された場合の対応。遺産分割に応じない場合は?

事例23 遺産は収益物件となる建物だけ。建物から生じる賃料収入はどのように分ければいいのか?

相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用