「相続法改正①配偶者の居住保護」2018年8月度弁護士コラム|弁護士法人賢人の相続問題解決ゼミ

  • HOME
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割問題
  • 遺留分・寄与分
  • 遺言書
  • 相続税対策
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 事務所務所案内

相続法改正①配偶者の居住保護」2018年8月度弁護士コラム

弁護士の松本です。多くのご相談、ご依頼をいただきありがとうございます。
今月は中旬に所内の引っ越しがありました。今回は所属弁護士ほとんどが場所を移動し、また執務スペースもかなり限定された部分となるので、書籍の電子記録化や終了事件の整理で大変でした。が、しかしやってみると結構不要なものもあったりしたので、この機会に整理しておいてよかったです。

弁護士の松本です。多くのご相談、ご依頼をいただきありがとうございます。

今月は中旬に所内の引っ越しがありました。今回は所属弁護士ほとんどが場所を移動し、また執務スペースもかなり限定された部分となるので、書籍の電子記録化や終了事件の整理で大変でした。が、しかしやってみると結構不要なものもあったりしたので、この機会に整理しておいてよかったです。

 

さて、相続の豆知識です。今回から相続法の改正を扱います。被相続人の配偶者が相続開始時に被相続人所有の建物に居住していた場合、配偶者は遺産分割において配偶者居住権を取得することにより、終身又は一定期間、その建物に無償で居住することができるようになります。被相続人が、遺贈等によって配偶者に配偶者居住権を取得させることもできます。




| リストヘ戻る |

●過去5件コラム

  1. 「遺言執行者の復任権等」2018年7月度弁護士コラム
  2. 「遺言執行者の通知」2018年6月度弁護士コラム
  3. 「相続法改正 要綱案③ 仮払制度等の創設」2018年2月度弁護士コラム
  4. 「相続法改正 要綱案② 持ち戻し免除の推定」2018年1月度弁護士コラム
  5. 「相続法改正 要綱案① 配偶者保護」2017年12月度弁護士コラム


相続に関する無料相談のご予約は03-3293-8827
事前にお電話にて相談日のご予約をお願いいたします。※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 ■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所案内  ■アクセスマップ  ■弁護士費用